top of page

Nantenbō
(1839-1925)

平常心是道
南天棒

南天棒(1839年5月15日〈天保10年4月3日〉 - 1925年〈大正14年〉2月12日)は、明治時代から大正時代にかけて活動した臨済宗の僧侶で、諱は全忠(ぜんちゅう)、別号として白崖窟(はっけいくつ)を持つが、広く南天棒(なんてんぼう)の異名で知られる。竹篦(警策)として常に南天の棒を携え、全国の禅道場を巡っては修行者を容赦なく殴打した明治時代屈指の豪僧として知られる。在家者への教導にも力を注ぎ、山岡鉄舟、乃木希典、児玉源太郎などが彼の影響を受けた。


139.3 x 33.8 cm

Japanese-Antiques_peace-of-mind-1 (1).jpeg
Japanese-Antiques_peace-of-mind-3.jpg
Japanese-Antiques_peace-of-mind-4.jpg
Japanese-Antiques_peace-of-mind-5.jpg
bottom of page