top of page

1891
Hokusai Shashin Gafu

北斎写真画譜 全
明治24年

葛飾 北斎(宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉 - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)は、江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。

代表作に『冨嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である。森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表した。若い時から意欲的であり、版画のほか、肉筆浮世絵にも彼の卓越した描写力を見ることができる。さらに、読本(よみほん)・挿絵芸術に新機軸を見出したことや、『北斎漫画』を始めとする絵本を多数発表したこと、毛筆による形態描出に敏腕を奮ったことなどは、絵画技術の普及や庶民教育にも益するところ大であった。葛飾派の祖となり、後には、フィンセント・ファン・ゴッホなどの印象派画壇の芸術家を始め、工芸家や音楽家にも影響を与えている。シーボルト事件では摘発されそうになったが、川原慶賀が身代わりとなり、難を逃れている。ありとあらゆるものを描き尽くそうとした北斎は、晩年、銅版画やガラス絵も研究、試みたようである。また、油絵に対しても関心が強かったが、長いその生涯においても、遂に果たせなかった。1999年には、アメリカ合衆国の雑誌である『ライフ』の企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一86位にランクインした。門人の数は極めて多く、孫弟子も含めて200人に近いといわれる。

Source: Wikipedia

絵師:北斎 Hokusai

技法:木版  

サイズ:24.6×17ccm(画帖サイズ)

制作年:明治24年(1891)  

備考・解説:20図収録の画帖仕立による絵手本
発行:目黒伊三郎(目黒書房)
摺り:青木平吉

【収録作品】
好士蝶を詠す/梅小月/●小鷲(●はきへんに角羊)/龍頭観音/蘿蔔の花小虻/侍丁/雉子/白桃/布袋/二足うさぎ/つがひ鴛/獅舞/雪景/月小狸/蝶々とまれ売/鯉/雲中の獅子/大津絵の鬼/七福神の戯



Source: 山田書店

Japanese-Antiques_Hokusai-Shashin-Gafu-2.jpg
Japanese-Antiques_Hokusai-Shashin-Gafu-3.jpg
Japanese-Antiques_Hokusai-Shashin-Gafu-4.jpg
Japanese-Antiques_Hokusai-Shashin-Gafu-5.jpg
Japanese-Antiques_Hokusai-Shashin-Gafu-6.jpg
Japanese-Antiques_Hokusai-Shashin-Gafu-7.jpg
Japanese-Antiques_Hokusai-Shashin-Gafu-8.jpg
bottom of page